2018年10月4日三潴正道理事長講演会

立教大学セントポールズ会館にて、本法人立教支部主催で、

「ここ12年の歩みから‐日本の中国分析はなぜこうも読み違うのか」と題して、三潴理事長の講演会が開かれました。

この講演は、12年にわたり三潴理事長が監訳をつづけてきた書籍、『いま中国が面白い』の全12巻完結を記念したものです。この12年に、中国は大きな変化をとげました。縦横無尽にその実例を引きつつ、日本で働くわたしたちはどのように中国に対応してゆくべきなのかを示唆する内容でした。

熱心に聞き入る聴衆のみなさん。

いつもながらエネルギッシュな講演の様子。

講演後には茶話会が開かれ、和気藹々と歓談して時間を過ごしました。

実り多い秋の一日でした。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です